Instagram Public Photos with #安土桃山時代

この官能的な美しい2つはヴォイス工房の陶芸家さんの作品です🌚 . 2枚目は造形の陶芸部長やった大森パイセン 👨🏽‍🎨 11月3,4,5て高円寺の芽の巣 @menos_nidodemenos でグループで植木鉢展やるみたい🌵たのてみー♩ . 穴窯焼成を見学させてもらい、窯の中に薪をくべさせてもらいました。 でも簡単に見えてぜんぜん出来ない!灼熱の炎を前に腰が引けて奥まで入れられない😳💦 . #陶芸部 #安土桃山時代 #美濃焼 #工房 #陶器肌 #官能的 #美しい #フェミニスト #芸術家 #職人 #多治見 #岐阜 #穴窯 #国際陶磁器フェスティバル美濃 #tajimi #gifu #japan #beautifulwork #ceramicsart #Functional #artwork #japanart #atelier #internationalceramicsfestival #awesomeart

#北海道 #道東 #美幌町 #巨木 #大木 #はるにれ #樹齢520年 #安土桃山時代 #樹木 #存在感 #hokkaido #bihoro #bigtree #talltree @kaori0916maron さんから #空バトン たまたま最近こんな写真撮ったんで(^^)こんなんで良かったかな? とても大きくて存在感ある巨木なんですが、僕の撮り方が下手でつたわりませんね(;´_ゝ`)この木に申し訳ないっすm(__)m

hick chopper • (rat_oipper) comment25 star 101

大友宗麟 せっかくなんで大友宗麟まとめて みました(^_^)/ 最盛期には九州六ヶ国 (筑前、筑後、豊前、豊後、肥前、肥後)を支配。 ということは九州の半分を支配し、 薩摩の戦国大名島津氏と九州の覇権争いをする ほどすごい大名です‼ 自分の地元宮崎の日向国にも その手を伸ばしていました❗ post3枚目の九州の地図は、 赤・ピンクの部分が 最盛期の大友宗麟の勢力図です‼ -大友 義鎮 / 大友 宗麟(おおとも よししげ / おおとも そうりん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。キリシタン大名。大友氏21代当主。宗麟の法号で知られている。 海外貿易による経済力と優れた武将陣、巧みな外交により版図を拡げ、大内氏や毛利氏を初めとする土豪・守護大名などの勢力が錯綜する戦国時代の北九州東部を平定した。 当初は禅宗に帰依していたが後にキリスト教への関心を強め、ついに自ら洗礼を受けた。 洗礼名を「ドン・フランシスコ」と名乗り、正式にキリスト教徒となった。 最盛期には九州六ヶ国を支配して版図を拡げた。しかし「キリシタン王国」建設間近で島津義久に敗れ、晩年には豊臣秀吉傘下の一大名に甘んじて豊後一国までに衰退した- #大友宗麟 #大友義鎮 #戦国大名 #キリシタン大名 #豊後国 #戦国時代 #安土桃山時代

宗麟公園 大友宗麟公墓 ① 大友宗麟終焉の地に来ました(^_^)/ -ここ大分県津久見市は、その大友宗麟終焉の地です。樹齢100年を越える杉木立は、かつて「天徳寺の森」(宗麟が建てた教会)と呼ばれ、森の中は、凛とした空気を漂わせています。 「宗麟」という名は、永禄五年(1562)禅宗に帰依し、剃髪して名乗ったもので、通り名として一番使われている名前です。  宗麟と津久見とのかかわりは四〇代後半、天正六年(1578)の日向進攻以前にか遡ります。その後、天正11年、天徳寺に隠居すると、この地に長年の夢であったキリスト教による理想の国づくりを目指します。しかし、志半ばにして昇天。享年五八歳でした。  当初は、キリスト教式の墓に葬られましたが、秀吉によりバテレン追放令が発せられると、長男、義統(吉統)は、仏式に改葬しますが、その墓も荒廃してしまったといいます。  現在の墓は、寛政年間(1789-1801)旧家臣の末裔臼杵城豊により改葬されたもので、この時、城豊は、墓碑を新調し、長泉寺(市内宮本町)に供養を依頼したと言います- #宗麟公園 #大友宗麟公墓 #大友宗麟 #大友義鎮 #戦国大名 #キリシタン大名 #豊後国 #戦国時代 #安土桃山時代

大友宗麟公之像 津久見駅前にて🚃 戦国大名 大友宗麟は豊後国(大分県)の キリシタン大名として有名ですが、実は自分の地元延岡にすごい関わりのある 人物なんです(^_^)/ 当時の宮崎県の事を日向国と言い その日向国延岡の土持氏を滅ぼし、 侵略して 延岡に理想郷 キリシタン国家を 建設しようとしてたんです⤴⤴ そして延岡の無鹿町の意味は❔❔ -天正六年(1578年)8月12日、 大友宗麟が3万5千の大軍を率いて、 日向国延岡に着陣しました。 日向国中央部に一大勢力を築いていた 伊東義祐が、島津の攻撃に遭い、 本拠地である佐土原城を追われ、 豊後の大友宗麟の元に逃げ込んだのは 天正五年(1577年)12月9日の事でした。 宗麟は義祐の求めに応じて、日向奪回を決意します。 フランシスコ・ザビエルに会って以来、深くキリスト教を信仰するようになった宗麟は、その日向の地に、以前から夢見ていたキリシタンの国を造りたいと、、、。 天正六年(1578年)3月、義祐の息子・ 伊東義兵を道案内に、宗麟の息子・大友義統が、日向北部の土持親成攻略に向けて出陣します。 親成は、以前は大友傘下の武将でしたが、例の伊東氏が島津にやられた 木崎原の合戦に乗じて、その領地を奪い取って、島津氏に寝返っていたのでした。 その時は、親成だけでなく、多くの 伊東氏配下の者が島津に走っていましたが、ここに来ての大友の参戦を知り、 再び寝返り、義統の軍勢は3万もの大軍となり、一挙日向に進入・・・またたく間に親成の籠る松尾城(宮崎県延岡市)を陥落させ、土持氏は滅亡しました。 土持氏の滅亡を受けて、気持ちも新たに、キリスト教国家の建設を内外に表明した宗麟は、キリスト教に反対する奥さんと離婚して、正式に洗礼を受け、身も心もキリシタンとなって、海路、日向へと向かいます。 その船には、白地に赤い十字架をデザインした旗が掲げられ、その胸にはロザリオが輝き、ヨーロッパの十字軍を彷彿とさせる進軍だったと言います。 そして、天正六年(1578年)8月12日、延岡付近に上陸した宗麟は、 無鹿(むしか・宮崎県延岡市無鹿町)に着陣・・・理想国家の建設に着手したのです。 無鹿は、音楽=ミュージックを意味するポルトガル語・・・教会では、ビオラの演奏に合わせて賛美歌を歌い、キリストにまつわる音楽劇なども、盛んに行われていたようですから、そこから命名されたのかも知れません。 まずは、農地の開発とともに、神父や修道士たちの宿舎を建設・・・やがては、豊後のように、入院設備の整った病院や孤児を収容する施設もある一大福祉都市を目指していた事でしょう。 しかし、その理想国家が、正式始動する前に、大きく事態が動きます- #大友宗麟像 #大友宗麟 #大友義鎮 #戦国大名 #キリシタン大名 #豊後国 #戦国時代 #安土桃山時代

乗り鉄ですが、こっち系が走っているのを見るのも大好き。貨物列車には乗れないですからね。 #陶芸 #焼き物 #古伊万里 #染付 #染付け #呉須 #呉須絵付 #蕎麦猪口 #江戸 #安土桃山時代 #EF #貨物列車好き #寝台特急あけぼの #Nゲージ #千夜市夜

2017.09.05. 小中時代、地元自慢をよくしたものです。よく話題に出てた場所 ... . . #安土桃山時代 #織田信長 #姫路 #兵庫 #世界遺産 #めかたんたんツアー #青春18切符

cindy • (cindy_camera) comment1 star 40

「信長を殺した男」 明智憲三郎 原案 藤堂裕 画 今何故か、明智光秀が熱い! この作品は、明智光秀の末裔といわれる明智憲三郎の原案をもとに、これまでの説に反論を唱えている。現在の信長像、光秀像がのちに秀吉によって書かれた「惟任退治記」などの文書によって作られた虚像であるという前提で、新たな説を打ち立てて行く。この作品の家光は享年67という設定である。老人である。しかしこの老人が、なんともかっこいい。興味がある方は、ぜひ一読してほしい。 #明智光秀 #織田信長 #豊臣秀吉 #戦国時代 #安土桃山時代 #戦記 #惟任 #惟任日向守 #読者好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界

「戦雲の夢」 著 司馬遼太郎 関ヶ原読後に、ちょうど収まる! そりゃそうだ司馬先生が書いてんだからw 関ヶ原は日本の武将を二つに分けた。 が、終わったあとも形を変え、また二つに分けた。 戦乱の世を終え、徳川のレールに沿う者と、 未だ戦に焦がれ、華々しい死を望む者と。 関ヶ原役後、大小の侍達は逃げ隠れたり、幽閉されたり、乞食になったりと様々に、世が乱れる機会を伺っていた。 戦いの人生を歩む前に長曾我部を継承した御曹司は、関ヶ原で武運無く西軍につき、落ち延びた先には土佐をすべて没収され、普通の一般人の人生を送ることになる。 「それもいいか」などと寺子屋で読み書きを教えながらも盛親は、男たる人生の目標にたどり着く。 バラバラに他家に仕えていった旧家臣が再び集まったり、利益も無いのに盛親の為に東奔西走するもの、逆に盛親に刀を向けざるを得ない状況にる者も。 その男達の吟じが熱い…! #読書記録 #読書倶楽部 #book #小説 #소설 #歴史小説 #historicalnovel #戦国武将 #武将 #busyou #日本 #japanese #安土桃山時代 #戦国時代 #Japanesehistory #講談社文庫 #司馬遼太郎 #長曾我部盛親 #長曾我部元親 #徳川家康 #大坂夏の陣 #大坂冬の陣 #大坂の陣 #関ヶ原 #大坂五人衆 #牢人 #戦雲の夢 #war #busyoubook

#国宝犬山城 からの景色『ちょっと前』 #信長協奏曲 を切っ掛けに少し歴史を調べてたから、行った時に展示品の解説が何となく分かってちょー楽しかったー✨ #戦国武将 が見た景色だと思うとワクワクがとまらなーい😁 次は #清洲城 へ行こう❗️ #犬山城主 Wikipediaから 時代 城主 天文6年 - 天文16年 織田信康 天文16年 - 永禄7年 織田信清 元亀元年 - 天正9年 池田恒興 天正9年 - 天正10年 織田勝長 天正10年 - 天正12年 中川定成 天正12年 池田恒興 天正12年 加藤泰景 天正12年 - 天正15年 武田清利 天正15年 - 天正18年 土方雄良(城代) 天正18年 - 文禄元年 三好吉房(城代) 文禄元年 - 文禄4年 三輪五郎右衛門 文禄4年 - 慶長5年 石川貞清 慶長6年 - 慶長12年 小笠原吉次 慶長12年 - 慶長17年 平岩親吉 元和3年 - 寛永2年 成瀬正成 寛永2年 - 万治2年 成瀬正虎 万治2年 - 元禄16年 成瀬正親 元禄16年 - 享保17年 成瀬正幸 享保17年 - 明和5年 成瀬正泰 明和5年 - 文化6年 成瀬正典 文化6年 - 天保9年 成瀬正寿 天保9年 - 安政4年 成瀬正住 安政4年 - 明治2年 成瀬正肥 明治28年 - 明治36年 成瀬正肥 明治36年 - 昭和24年 成瀬正雄 昭和24年 - 昭和48年 成瀬正勝 昭和48年 - 平成16年 成瀬正俊 #愛知県 #犬山市 #歴史 #国宝 #犬山城 #犬山城下町 #大名 #織田信長 #うつけ #三郎 #池田恒興 #つねちゃん #浅井長政 #戦国時代 #安土桃山時代 #豊臣秀吉 #羽柴秀吉 #徳川家康